• ホーム
  • イベント情報
  • 【立命館大学】2018年度 立命館大学大学院公務研究科最終シンポジウム これからの公務人材

イベント情報

【立命館大学】2018年度 立命館大学大学院公務研究科最終シンポジウム これからの公務人材

京都府

■イベントWebサイトURL

http://www.ritsumei.ac.jp/gspp/

■開催日時

2019.01.12(土)

■会場

京都市中京区 立命館大学朱雀キャンパス 5F 大講義室

■参加対象

学生、一般市民、公務員、研究者、メディア関係者、NPO職員、政治家

■主催

【共催】立命館大学公務研究科・立命館大学公務研究科校友会 【後援】人事院

■イベント概要

 立命館大学大学院公務研究科は、設立以来、「公務」あるいは「公務人材」を主題とするシンポジウムを何度か開いてきました。公務研究科の最終シンポジウムとなる今回は、「これからの公務人材」と題し、現代日本が直面する数多くの困難に向き合う「公務人材」のあり方を模索します。
 社会はどのような「公務人材」を求めているのでしょうか。また大学は、社会に資する「公務人材」をどのように養成することができるのでしょうか。公務研究科は、これまで、市民的感性、志、実学、責任、自律などをキーワードに、公的な課題に挑戦し続ける「有為な人材」を育てるべく、数多くの取り組みを行なってきました。今回のシンポジウムでは、こうした取り組みを交えながら、公務の現場に携わってきた方々と研究者との対話を通して、「これからの公務人材」について考えます。

日時:2019年1月12日(土)13:30~17:50 ※13:00開場・受付
会場:立命館大学朱雀キャンパス5F 大講義室
≪参加無料・申込不要≫

プログラム:
基調講演
  古川貞二郎(元内閣官房副長官・公務研究科客員教授)
  村松岐夫(京都大学名誉教授・日本学士院会員)

パネル・ディスカッション
  コーディネーター 水口憲人(元公務研究科長・立命館大学名誉教授)
  古川貞二郎(元内閣官房副長官・公務研究科客員教授)
  村松岐夫(京都大学名誉教授・日本学士院会員)
  加茂利男(公務研究科元教授・大阪市立大学名誉教授)
  嶋田博子(公務研究科元教授・人事院人材局審議官)
  松村弘毅(公務研究科6期生・京都府健康福祉部健康福祉総務課参事)

■備考

【問い合わせ先】
立命館大学朱雀独立研究科事務室
公務研究科事務局 
〒604-8520 京都市中京区西ノ京朱雀町1番地
TEL(075)813-8274 
FAX(075)813-8271 
E-mail:koumu[at]st.ritsumei.ac.jp

一覧に戻る

イベント投稿

あなたの所属機関で開催される高等教育関連イベントの情報を募集しています。

投稿

メールマガジン
登録・解除

定期的に大学コンソーシアム京都より、新着イベント情報をメール配信しています。

登録・解除

  • サイトに関するお問い合わせ
  • 大学コンソーシアム京都
  • 大学コンソーシアム京都のFD・SD
  • まんがFDハンドブック無料配布受付中

topへ