• ホーム
  • イベント情報
  • 【立命館孔子学院】中国古典文化講座「『三国志演義』をえがく、たのしむ、おどろく」

イベント情報

【立命館孔子学院】中国古典文化講座「『三国志演義』をえがく、たのしむ、おどろく」

京都府

■開催日時

2019.11.30(土)

■会場

立命館孔子学院講義室(立命館大学国際平和ミュージアム2階)

■参加対象

どなたでも(事前申込制)

■主催

立命館孔子学院

■イベント概要

立命館孔子学院
中国古典文化講座「『三国志演義』をえがく、たのしむ、おどろく」

立命館孔子学院ではどなたでも聴講可能な無料講座を開催しています。
古典を学んで、教養を深めませんか?

【テーマ】 『三国志演義』をえがく、たのしむ、おどろく
【日 時】 11月30日(土)10:00~11:30(9:30~受付開始)
【講 師】 廣澤 裕介 氏(立命館大学文学部准教授)
【会 場】 立命館孔子学院講義室(国際平和ミュージアム2階)
【定 員】 30名(事前申込制)
【参加費】 無料

【講座概要】
 本年の「中国古典文化講座」のテーマは、白話小説や戯曲など1つの文化事象に関して日本・中国の人々が時間と空間の懸隔を越えて心を動かし、心を震わせてきた歴史を眺め見ることであった。そのシリーズ最後のお題は、おなじみ『三国志演義』である。
 『三国志演義』という中国小説が日本に伝わって400年くらい経っている。それを翻訳した人がいて、それを読んだ人がいて、新たな表現につなげた人がいて、それを楽しんだ人がいて、ゆっくりと連鎖しながら、日本文化の一部といってよいほどになっている。『三国志演義』にまつわるおもしろさは、その物語だけでなく、そこから派生する二次的な作品・文化もまたおもしろいことである。そうした『三国志演義』から生まれ出た古今の作品を紹介し、えがき、たのしみ、おどろくという側面から考えてみたい。


詳細の内容・お申込方法は下記のリンクよりご確認下さい。
http://www.ritsumei.ac.jp/confucius/event/article.html/?id=166

■備考

【主催・お問合せ先】
立命館孔子学院(立命館大学 国際平和ミュージアム2階)
TEL:075-465-8426 FAX:075-465-8429
Mail:koza[at]st.ritsumei.ac.jp
HP:http://www.ritsumei.ac.jp/confucius/

一覧に戻る

イベント投稿

あなたの所属機関で開催される高等教育関連イベントの情報を募集しています。

投稿

メールマガジン
登録・解除

定期的に大学コンソーシアム京都より、新着イベント情報をメール配信しています。

登録・解除

  • サイトに関するお問い合わせ
  • 大学コンソーシアム京都
  • 大学コンソーシアム京都のFD・SD
  • まんがFDハンドブック無料配布受付中

topへ