• ホーム
  • イベント情報
  • 【成城大学】共通教育研究センター:開設10周年記念公開シンポジウム『初年次教育における論文の書き方指導を考える ― 日本語学の有効活用は可能か ―』

イベント情報

【成城大学】共通教育研究センター:開設10周年記念公開シンポジウム『初年次教育における論文の書き方指導を考える ― 日本語学の有効活用は可能か ―』

東京都

■開催日時

2018.09.29(土)

■会場

成城大学8号館 008教室

■参加対象

大学教職員、学生、院生、一般

■主催

成城大学共通教育研究センター

■イベント概要

日時:2018年9月29日(土)15:00~18:00

★シンポジウムの狙い
 共通教育研究センターでは、2010年度より「表現教育の可能性」と題した初年次教育、とりわけ論文の書き方をめぐるFDワークショップを開催してきました。本シンポジウムは、このワークショップの延長線上にあるものと位置づけ、日本語学を専門とし、専門知を放送、書籍などを通して市民にも広く伝えている方々を招き、各自の初年次教育、あるいはそれへの参考となる教育実践を紹介していただきます。 

★登壇者の紹介
・石黒 圭 (いしぐろ けい) 1969年大阪府生まれ。早稲田大学大学院文学研究科博士後期課程修了。 博士(文学)。現在、国立国語研究所教授(日本語教育研究領域)一橋大学大学院言語社会研究科連携教授。専攻は日本語学、文章論。著書に、『豊かな語彙力を育てる』(ココ出版、2018)、『大人のための 言い換え力』(NHK出版新書、2017) ほか多数。

・飯間 浩明(いいま ひろあき) 1967年香川県生まれ。早稲田大学大学院文学研究科博士後期課程単位 取得満期退学。現在、早稲田大学・成城大学非常勤講師。『三省堂国語辞典』編集委員。専攻は日本語学。著書に、『伝わるシンプル文章術』(ディスカヴァー・トゥエンティワン、2018)、『国語辞典のゆくえ 』(NHK出版、2017) ほか多数。最近では、「プロフェッショナル仕事の流儀」(NHK総合、2018年6月11日放映)にて密着取材を受ける。

・安部 達雄(あべ たつお) 1976年東京都生まれ。早稲田大学大学院文学研究科博士後期課程単位 取得満期退学。現在、一橋大学・早稲田大学・成城大学非常勤講師。 プロの漫才師(「米粒写経」・サンキュータツオ)としても活動している。 専門は日本語学、語用論、表現論、文体論、笑い。著書に、『留学生のためのここが大切文章表現のルール』(共著、スリーエーネットワーク、2009)、サンキュータツオ名義では、『学校では教えてくれない!国語辞典の選び方』(角川学芸出版、2013)、『ヘンな論文』(角川学芸出版、2015)ほか多数。2017年4月より朝日新聞書評委員。

討論者:東谷 護(とうや まもる) 1965年神奈川県横浜市生まれ。京都大学大学院人間・環境学研究科 博士後期課程修了。博士(人間・環境学)。成城大学文芸学部教授(共通教育研究センター専担)を経て、現在、愛知県立芸術大学大学 院音楽研究科教授(音楽学領域) 、東京大学、東京芸術大学非常勤講師。 専攻は音楽学、ポピュラー音楽研究、戦後日本文化史。著書に、『大学での学び方-「思考」のレッスン』(勁草書房、2007) 、『マス・メディア時代のポピュラー音楽を読み解く』(勁草書房、2016)ほか多数。

■備考

※参加費無料・予約不要(当日会場に直接お越しください)

問い合せ先
成城大学共通教育研究センター
TEL:03-3482-9556
E-mail: kyotsu[at]seijo.ac.jp

一覧に戻る

イベント投稿

あなたの所属機関で開催される高等教育関連イベントの情報を募集しています。

投稿

メールマガジン
登録・解除

定期的に大学コンソーシアム京都より、新着イベント情報をメール配信しています。

登録・解除

  • サイトに関するお問い合わせ
  • 大学コンソーシアム京都
  • 大学コンソーシアム京都のFD・SD
  • まんがFDハンドブック無料配布受付中

topへ