• ホーム
  • イベント情報
  • 【大谷大学】社会学科公開講演会「福島からの広域避難者の現在 避難を通して見えてくるもの」

イベント情報

【大谷大学】社会学科公開講演会「福島からの広域避難者の現在 避難を通して見えてくるもの」

京都府

■開催日時

2017.06.14(水)

■会場

大谷大学 響流館 3階 メディアホール

■参加対象

社会学科学生および一般の方

■主催

大谷大学社会学科

■イベント概要

【日時】2017年6月14日(水)13:00~14:30
【会場】大谷大学 響流館 3階 メディアホール
【対象】社会学科学生および一般の方
【講師】澤上幸子氏(えひめ311事務局長)
<えひめ311とは~ホームページより引用~>
2011年3月11日14時46分に、東北地方太平洋沖地震が発生しました。この地震に伴って発生した津波や、その後の余震等により引き起こされた大規模災害を東日本大震災と呼びます。
えひめ311は、この東日本大震災により避難を余儀なくされた愛媛県内への避難者が中心となり、『一人一人の心に寄り添い共に課題を解決していく』という理念のもとに立ち上げた団体です。必要とされるあらゆる分野の情報提供や相談対応を中心に、個人の「命と尊厳」を守り、一日でも早く一人でも多くの人が前をむいて歩き出せる仕組みづくりを目指します。また、震災を風化させないために、講演活動やワークショップ等を開催し、減災社会の実現に貢献していきます。

■備考

一覧に戻る

イベント投稿

あなたの所属機関で開催される高等教育関連イベントの情報を募集しています。

投稿

メールマガジン
登録・解除

定期的に大学コンソーシアム京都より、新着イベント情報をメール配信しています。

登録・解除

  • サイトに関するお問い合わせ
  • 大学コンソーシアム京都
  • 大学コンソーシアム京都のFD・SD
  • まんがFDハンドブック無料配布受付中

topへ