• ホーム
  • イベント情報
  • 【京都教育懇話会】京都教育懇話会第45回例会<日本の未来と人づくり>明治150年に思うこと~ダイバーシティ京都のいま未来~

イベント情報

【京都教育懇話会】京都教育懇話会第45回例会<日本の未来と人づくり>明治150年に思うこと~ダイバーシティ京都のいま未来~

京都府

■開催日時

2018.08.03(金)

■会場

漢検 漢字博物館・図書館(愛称:漢字ミュージアム)

■参加対象

どなたでも(事前申込制・先着120名)

■主催

京都教育懇話会

■イベント概要

京都教育懇話会第45回例会
<日本の未来と人づくり> 明治150年に思うこと~ダイバーシティ京都のいま未来~

日時:2018年8月3日(金)18:00~
会場:漢検 漢字博物館・図書館(漢字ミュージアム)
   (京都市東山区祗園町南側551番地)
    ※会場には駐車場がございません。公共交通機関でお越しください。

講師:門川大作氏(京都市長)

申込:参加無料・事前申込制 ※先着順(定員120名)
申込締切り:7月27日(金)17:00
※ただし、定員になり次第予告無く終了することがございます。締切日に近い場合はあらかじめお問い合わせください。
申込みフォーム→ https://ssl.form-mailer.jp/fms/07b89289575475

今年は明治維新から数えて150年。この間京都は混迷の時代を乗り越え、世界屈指の多様性を誇る歴史都市として進化、発展してきました。こうした中で平成の今、年間700万人以上もの外国人観光客が当地を訪れ、その傍ら留学生らも飛躍的に増加し、大勢の外国人と暮らしを共にする新たな都市環境が生まれつつあります。本格化した「内なるグローバル化」とどう向き合えばいいか。また国際観光都市のあり方や将来はどうあるべきか。異文化、多様性を前提にした歴史都市の新たな未来像とは。そこで8月の七夕例会では世界都市京都発信の先頭に立つ門川大作市長をお迎えして、「明治150年に思うこと~ダイバーシティ京都のいま未来~」と題し、開催します。当日は参加者とのセッションを交えながら、議論を深められればと考えています。なお例会は日本漢字能力検定協会(懇話会運営委員)のお世話により、開館以来人気を集める京都・祗園の「漢字ミュージアム(愛称)」を会場に開催します。真夏のひと時、奮ってご参加ください。

■備考

お問合せ先:京都教育懇話会事務局
〒604-8520 京都市中京区西ノ京朱雀町1番地(学校法人立命館一貫教育部内)
TEL:075-813-8292
E-MAIL:konwakai(at)st.ritsumei.ac.jp

一覧に戻る

イベント投稿

あなたの所属機関で開催される高等教育関連イベントの情報を募集しています。

投稿

メールマガジン
登録・解除

定期的に大学コンソーシアム京都より、新着イベント情報をメール配信しています。

登録・解除

  • サイトに関するお問い合わせ
  • 大学コンソーシアム京都
  • 大学コンソーシアム京都のFD・SD
  • まんがFDハンドブック無料配布受付中

topへ