• ホーム
  • イベント情報
  • 【京都大学】京都大学超SDGsシンポジウム サイエンスアゴラ in 京都「資源・エネルギーと持続可能性」

イベント情報

【京都大学】京都大学超SDGsシンポジウム サイエンスアゴラ in 京都「資源・エネルギーと持続可能性」

京都府

■開催日時

2019.06.27(木)

■会場

京都大学百周年時計台記念館

■参加対象

どなたでも参加いただけます。

■主催

京都大学

■イベント概要

国連SDGs(2030年に達成すべき持続可能な開発目標)においても、複数のゴールにまたがる課題として整理されている資源・エネルギーの課題。特に気候変動やそれと密接に関わるエネルギーについては、2030年を通過点にしつつ、今世紀後半にCO2排出をプラスマイナスゼロにするという世界的目標が掲げられています。

また、昨今、国際的な政治課題としても重視されている海洋プラスチック問題は、化石資源由来製品の在り方をも問い、循環経済(サーキュラーエコノミー)を加速する大きな推進力となっています。

このように、大きな転換期にある今、私たちは何をすべきなのか? 様々な専門家とともに考えるパネルセッションのほか、学生や若手研究者らによるポスター発表、挑戦的なワークショップなどから、1日かけて紐解いていきたいと思います。

■備考

オープニング(10時00分~10時10分)
北野 正雄 京都大学理事・副学長

パネルセッション「資源・エネルギー問題を起点に、パートナーシップでSDGsに挑む」(10時10分~12時30分)
登壇予定者
・末吉竹二郎 気候変動イニシアティブ/WWFジャパン 代表
・門川大作 京都市長
・山下良則 株式会社リコー 社長
・山本昌宏 環境省 環境再生・資源循環局長
・高瀬幸子 近畿経済産業局 通商部企画官
・真先正人 科学技術振興機構(JST) 理事
・諸富徹 京都大学地球環境学堂 教授

コーディネーター: 酒井伸一 京都大学環境科学センター 教授

地方創生SDGs官民連携プラットフォーム JST地域産学官社会連携分科会「わたしのまちのスマートモビリティ2030」(13時00分~16時15分)

企業・団体向けセミナー「SDGs入門」(13時00分~14時30分)

国際ワークショップ「レジリエントな低炭素社会の構想」(13時30分~14時30分)

SDGs事始めワークショップ(14時30分~16時15分)

トークセッション(16時30分~17時45分)

超SDGsネットワーキングディナー(18時~)

問い合わせ
地球環境学堂/エコ~るど京都 超SDGsシンポ事務局
Tel: 075-753-5922

一覧に戻る

イベント投稿

あなたの所属機関で開催される高等教育関連イベントの情報を募集しています。

投稿

メールマガジン
登録・解除

定期的に大学コンソーシアム京都より、新着イベント情報をメール配信しています。

登録・解除

  • サイトに関するお問い合わせ
  • 大学コンソーシアム京都
  • 大学コンソーシアム京都のFD・SD
  • まんがFDハンドブック無料配布受付中

topへ