イベント情報

【京都産業大学】WEB天文学講座「夏休みスペシャル 天文台と距離の歴史]

京都府

■開催日時

2020.08.01(土)

■会場

オンライン

■参加対象

どなたでも可

■主催

京都産業大学

■イベント概要

神山天文台では、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、
毎週土曜日に地域・一般の方々を対象に開催している一般観望会や天文学講座等のイベントを中止しています。

人との距離に気をつかわなければいけない、今日このごろ。
リモートで行われるこの講座では、あえて「天文台と距離」をテーマに、天体望遠鏡が発明される以前までさかのぼって天文学の歴史を振り返ってみましょう。
天文台と言えば、遠くの星までの距離に関わる場所だと思われるかもしれませんが、昔の天文台は地球上の距離を扱うことが多かったと言えます。
また、天文台は時間と空間の距離を超えて、人と知識、あるいは人と人をつなぐところでもありました。
そんな歴史を知ることで、皆さんにとって天文学や天文台がより「身近」になればと思います。

【講演会の詳細】
日時  :2020年8月1日(土)14:00開始(約1時間)
タイトル:天文台と距離の歴史
講師  :廣瀬 匠(アストロアーツ)

【講師プロフィール】
天文学史家、星空案内人(星のソムリエ)。天文に関わる研究と教育普及の仕事を交互に経験しており、天文学の歴史を学ぶために2010年に京都産業大学大学院外国語学研究科修士課程に進学し、京都産業大学では開設直後の神山天文台で観望会のボランティアとしても活動した。2017年にパリ第7大学で博士号取得。博士論文のテーマは古代インドの数理天文学。スイス連邦工科大学チューリッヒ校(ポスドク研究員)を経て現在は(株)アストロアーツで天文普及のための製品開発に携わっている。主な著書に『天文の世界史』(集英社インターナショナル新書)。

【質問・アンケート】
・質問フォーム   :https://forms.gle/6pDaJCSNLoiiy9v67
・アンケートフォーム:https://forms.gle/iBtdJHkYyiM2MmZ27
※Googleフォームを利用しており匿名で回答していただけます。
※YouTubeのチャットからも質問・コメントしていただけます。
※より良い配信にしていくため、皆様のご意見をお聞かせください。

■備考

 

一覧に戻る

イベント投稿

あなたの所属機関で開催される高等教育関連イベントの情報を募集しています。

投稿

メールマガジン
登録・解除

定期的に大学コンソーシアム京都より、新着イベント情報をメール配信しています。

登録・解除

  • サイトに関するお問い合わせ
  • 大学コンソーシアム京都
  • 大学コンソーシアム京都のFD・SD
  • まんがFDハンドブック無料配布受付中

topへ