• ホーム
  • イベント情報
  • 【京都教育大学】京都教育大学フォーラム2018「京都発:新しい時代の協働的な「授業研究」の試み」

イベント情報

【京都教育大学】京都教育大学フォーラム2018「京都発:新しい時代の協働的な「授業研究」の試み」

京都府

■開催日時

2018.12.15(土)

■会場

キャンパスプラザ京都 第2講義室

■参加対象

学校教員、教育委員会関係者、教員養成系大学・学部関係者、学生など

■主催

京都教育大学

■イベント概要

京都教育大学フォーラム2018
「京都発:新しい時代の協働的な「授業研究」の試み」

【趣旨】
 学校教育現場では新学習指導要領の実施に向けて教育の転換が図られようとしています。21 世紀の学びを保証するために「問題解決力」や「協働的な学び」が注目される中、教師自身も自ら授業実践を省察し、創造的に解決し、なおかつ協働して取り組む姿勢がいま、求められています。
 そこで今回のフォーラムでは21 世紀型教育に対応した新しい時代の協働的な「授業研究」はどうあるべきか、その方向性を探ることを目的とし、「授業研究」を協働的にするための具体的な方法について基調講演および話題提供をしていただきます。フォーラムを通して理論と実践の連携を強化し、教員養成および教師教育における「授業研究」の手がかりを得ることを期待しています。

【日時】2018年12月15日(土)13:30~16:45(受付13:00~)

【場所】キャンパスプラザ京都 第2講義室
 (京都市下京区西洞院通塩小路下る東塩小路町939)

【プログラム】
13:30 開会あいさつ
 細川 友秀(京都教育大学長)
13:40 趣旨説明
 清村 百合子(京都教育大学教授)
14:00 基調講演
 柴田 好章(名古屋大学教授)
 「大学と学校現場を結ぶ協働的な授業研究のあり方-名古屋大学と愛知県教育委員会との連携に基づいて-」
14:50 話題提供
 古賀 松香(京都教育大学准教授)
 「協働研修で拓くこれからの幼児教育-京都府市との取り組みから-」
 高橋 詩穂・井上 美鈴(京都教育大学附属桃山小学校教諭)
 「個に焦点化した校内授業研究会の取り組み」
 津原 菜里(京都府城陽市立久世小学校教諭)
 「全教員で取り組む教材研究から事後研究までの研修過程」
15:35 休 憩
15:45 パネルディスカッション
 「授業研究」を協働的にするためには何が必要か
16:40 閉会あいさつ
 岩村 伸一(京都教育大学副学長(総務・企画担当))
16:45 閉 会

【申し込み方法等】
・参加無料
・本フォーラムは、どなたでも参加できます。
・参加ご希望の方はFAXまたはE-mailで12月7日(金)までにお申込ください。
・E-mailでお申込される場合は件名を「フォーラム2018参加申込」とし、氏名、ふりがな、所属・役職、連絡先(電話番号またはE-mailアドレス)をご記入ください。
・ご提供いただきました個人情報は、本フォーラムの運営以外には使用いたしません。
・申込みで、受付完了とさせていただきます。返信はいたしませんのでご了承ください。

■備考

【お申し込み先】
京都教育大学 研究協力・附属学校支援課 研究協力・センター機構支援グループ
E-mail/kenshien(at)kyokyo-u.ac.jp
Fax/075-644-8182

※個別の支援(ノートテイクや移動補助等)が必要な場合は、11 月22 日(木)までに上記までご連絡願います。

一覧に戻る

イベント投稿

あなたの所属機関で開催される高等教育関連イベントの情報を募集しています。

投稿

メールマガジン
登録・解除

定期的に大学コンソーシアム京都より、新着イベント情報をメール配信しています。

登録・解除

  • サイトに関するお問い合わせ
  • 大学コンソーシアム京都
  • 大学コンソーシアム京都のFD・SD
  • まんがFDハンドブック無料配布受付中

topへ