• ホーム
  • イベント情報
  • 【京都大学】公開講演会「アフリカと日本の協力関係:両方の潜在力をどう生かすか」

イベント情報

【京都大学】公開講演会「アフリカと日本の協力関係:両方の潜在力をどう生かすか」

京都府

■開催日時

2020.01.26(日)

■会場

京都大学稲盛財団記念館3階 大会議室

■参加対象

どなたでも参加いただけます。

■主催

日本学術振興会科学研究費補助金・基盤研究 

■イベント概要

京都大学
公開講演会「アフリカと日本の協力関係:両方の潜在力をどう生かすか」

アフリカの人口は、2050年には25億人を超え、世界の約4分の1の人口を占め
ると予想されています。アフリカには石油や天然ガス、レアメタルなどの豊富
な鉱物資源があり、今世紀に入ると高い経済成長率を達成してきました。アフ
リカは、今日、グローバル経済の最後のフロンティアともいわれています。

2019年8月に横浜で開催された「第7回アフリカ開発会議(TICAD7)」では、アフリカの開発=発展のために民間の協力と関与を重視する姿勢があらためて強調されました。しかし現実には、日本社会にとってアフリカは地理的に遠いだけではなく、歴史的・心理的にも依然として遠い世界であり続けています。
両者がより緊密に交流し、支え合い、相互の長所を活かすような関係はどのよ
うにして築くことができるでしょうか。今後、アフリカと日本のあいだに協力
関係を構築してゆくためには何が必要なのでしょうか。

本講演会では、こうした問いに答えるために、アフリカと日本は、お互いにど
のような潜在力を持っているのか、それはどのように繋がってゆくことができ
るのかについて、この問題を深く考え実践してきたウスビ・サコ 京都精華大学長の経験から学びたいと思います。

開催日
2020年01月26日 日曜日

時間
15時00分〜17時00分

開催地
京都大学稲盛財団記念館3階 大会議室
(所在地: 京都市左京区吉田下阿達町46)
薬学部構内マップ[64]
http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/access/campus/yoshida/map6r_m.html

対象
どなたでも参加いただけます。

定員
先着80名

詳細等

講師
ウスビ・サコ(京都精華大学長)

コメンテーター
和崎 春日(中部大学 教授)
「在日・在中アフリカ人から見たアフリカ-アジア関係」の視点から

司会
松田 素二(京都大学文学研究科 教授・「アフリカ潜在力」プロジェクト代表)

参加費
無料

申し込み
不要

問い合わせ
「アフリカ潜在力」プロジェクト事務局
Tel:075-753-7802
E-mail: africanpotentialpro_jimukyoku*googlegroups.com (*を@に変えてください)

関連リンク
https://u.kyoto-u.jp/b9npm

■備考

注意
稲盛財団記念館併設の駐車場では、一般の方の駐車スペースは設けていません。
無断駐車は厳禁となっていますので、来館の際には公共の交通機関をご利用ください。

主催・共催

主催:
日本学術振興会科学研究費補助金・基盤研究(S)「「アフリカ潜在力」と現代
世界の困難の克服:人類の未来を展望する総合的地域研究」(代表者:松田 素二)

共催:
京都大学アフリカ地域研究資料センター

一覧に戻る

イベント投稿

あなたの所属機関で開催される高等教育関連イベントの情報を募集しています。

投稿

メールマガジン
登録・解除

定期的に大学コンソーシアム京都より、新着イベント情報をメール配信しています。

登録・解除

  • サイトに関するお問い合わせ
  • 大学コンソーシアム京都
  • 大学コンソーシアム京都のFD・SD
  • まんがFDハンドブック無料配布受付中

topへ