• ホーム
  • イベント情報
  • 【京都教育大学】「KYOKYO SDGs フォーラム2019-誰一人取り残さない教育の実現-」

イベント情報

【京都教育大学】「KYOKYO SDGs フォーラム2019-誰一人取り残さない教育の実現-」

京都府

■開催日時

2019.07.17(水)

■会場

京都教育大学藤森キャンパス D棟1階D3講義室

■参加対象

学生、教職員、地域の皆さま

■主催

国立大学法人京都教育大学「ポストESDプロジェクト」

■イベント概要

京都教育大学
KYOKYO SDGs フォーラム2019-誰一人取り残さない教育の実現-

昨年に引き続き、京都教育大学「ポストESDプロジェクト」主催「KYOKYO SDGs フォーラム」を開催します。
国連の掲げるSDGsへの対応は、教育をはじめ、研究機関や行政など様々なステークホルダーを中心に急速に進められているところです。教育に関わる目標SDG4の達成は開発途上にある国々だけの問題ではなく、日本の学校教育においても、グローバル化など社会変化の進展によりこれまでにも増して重要性を増しつつあります。京都教育大学では、これらの課題に直結する多くの教育研究活動を蓄積してまいりました。
本フォーラムでは、平等で包摂的な教育の実現に向けた教育研究の一層の推進を図るために、情報共有と意見交換を行うとともに、SDGs啓発活動の一環として、アクションの輪を広げる機会といたします。詳細については以下のとおりです。ご参加をお待ちしています。

1.日時:2019年7月17日(水)午後 14:00-16:30(受付開始13:30)
2.場所:京都教育大学藤森キャンパス D棟1階D3講義室
3.内容:「KYOKYO SDGs フォーラム2019-誰一人取り残さない教育の実現-」
⑴ 基調講演「外国人児童生徒等の教育に関する現状と施策の動向について」
小林 美陽氏(文部科学省 総合教育政策局 男女共同参画共生社会学習・安全課 外国人児童生徒教育専門官)
⑵ 学内の取組報告
趣旨説明「京都教育大学におけるSDGsへの取組」井谷惠子(体育学科教授)
① 「外国人児童生徒:多言語動画配信」黒田恭史(数学科教授)
② 「美術って目で見るもの?:見えない人とつくる新しいアート」日野陽子(美術科准教授)
③ 「障害のある子ども・若者とともに」丸山啓史(発達障害学科准教授)
⑶ 意見交換・コメント
4.対象:学生、教職員、地域の皆さま
5.参加料:無料
6.申込:不要
7.連絡先:国立大学法人京都教育大学「ポストESDプロジェクト」
   代表 井谷惠子 itani@kyokyo-u.ac.jp(@は半角に変えてください)

■備考

一覧に戻る

イベント投稿

あなたの所属機関で開催される高等教育関連イベントの情報を募集しています。

投稿

メールマガジン
登録・解除

定期的に大学コンソーシアム京都より、新着イベント情報をメール配信しています。

登録・解除

  • サイトに関するお問い合わせ
  • 大学コンソーシアム京都
  • 大学コンソーシアム京都のFD・SD
  • まんがFDハンドブック無料配布受付中

topへ