• ホーム
  • イベント情報
  • 【京都教育大学】平成30年度(後期)第2回環境教育実践センター公開講演会「放射性物質による作物の汚染はどのように回避されたのか」

イベント情報

【京都教育大学】平成30年度(後期)第2回環境教育実践センター公開講演会「放射性物質による作物の汚染はどのように回避されたのか」

京都府

■開催日時

2018.11.23(金)

■会場

京都教育大学 環境教育実践センター(京都市伏見区深草越後屋敷町112番地)

■参加対象

どなたでも

■主催

京都教育大学 環境教育実践センター

■イベント概要

京都教育大学平成30年度第2回環境教育実践センター公開講演会
「放射性物質による作物の汚染はどのように回避されたのか」

福島第一原発の事故による放射性物質の拡散により、近隣の作物の汚染はどのように起こり、そしてどのように被害が回避されてきたのか、さらに7年が経過した現在の福島県の農作物の実態や農業復興の状況について紹介します。

【日時】平成30年11月23日(金)14:00~16:00

【会場】京都教育大学 環境教育実践センター
    (京阪電車 墨染駅より徒歩約7分、近鉄電車 伏見駅より徒歩約7分)

【講師】久保 堅司 氏
(国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 東北農業研究センター 福島研究拠点 農業放射線研究センター 主任研究員)

【参加費等】参加費無料・申込不要・先着60名

■備考

【お問い合わせ先】
 京都教育大学 環境教育実践センター(075-641-3872)
 研究協力・附属学校支援課(075-644-8242)

一覧に戻る

イベント投稿

あなたの所属機関で開催される高等教育関連イベントの情報を募集しています。

投稿

メールマガジン
登録・解除

定期的に大学コンソーシアム京都より、新着イベント情報をメール配信しています。

登録・解除

  • サイトに関するお問い合わせ
  • 大学コンソーシアム京都
  • 大学コンソーシアム京都のFD・SD
  • まんがFDハンドブック無料配布受付中

topへ