• ホーム
  • イベント情報
  • 【成城大学】FDワークショップ「STEM+ART が求められる時代に感性と言語をどう結びつけるのか――パーソナル・ナラティブライティングとクリエイティヴベーシックの実践から考える――」

イベント情報

【成城大学】FDワークショップ「STEM+ART が求められる時代に感性と言語をどう結びつけるのか――パーソナル・ナラティブライティングとクリエイティヴベーシックの実践から考える――」

東京都

■開催日時

2018.03.10(土)

■会場

成城大学3号館 大会議室

■参加対象

大学教員、職員、一般

■主催

成城大学共通教育研究センター

■イベント概要

日 時:2018年3月10日(土)15:00~17:30
会 場:成城大学3号館 大会議室
講 演:谷 美奈(帝塚山大学准教授)
司 会:國寳 真美(成城大学専任講師)
シリーズコーディネーター:東谷 護(成城大学教授)
※参加費無料

○ワークショップ開催のねらい
成城学園創立100周年・成城大学共通教育研究センター開設10周年を記念し、共通教育研究センターの教員がコーディネートした公開ワークショップを開催します。2010 年度より、共通教育研究センター独自のFD 活動として、「表現教育の可能性」という統一テーマの下、「書く」ことをどのように教えていくのかに関して、スキル重視に傾かず、視野の広い研究・教育を推し進めている方をお招きしてきました。
本ワークショップでは、日仏にてデザイナー、フランス国立国際商業高等専門大学(L’ESCI)、フランス国立情報通信高等専門大学(L’ESIGETEL)(グランゼエコール)、ならびに京都精華大学の教員を経て、アカデミック・ライティングの欠陥も意識した、自己省察としての文章表現「パーソナル・ライティング」の研究と実践を積極的にされている谷美奈氏をお迎えします。
谷氏は、これまでの自身の研究を発展させるために、アートに素養のない学生でも参加できるアートワークショップ「クリエイティヴベーシック」、「アールブリュット活動」や障がいのある人の高等教育における研究活動「インクルーシブリサーチ」などを手がかりとして、アートやケアと高等教育や社会教育における“書く語る”表現行為との結びつきを近年、実践研究されております。これらの成果の一端を本ワークショップでお話いただきます。私たちの眼前には表現にかかわる新たなアイデアが溢れることでしょう。

○タイムスケジュール:
講演+休憩+討論(司会者との討論)+質疑応答
*参加者に作業を強要するワークショップではありません。どちらかというと参加者も発言しやすい講演会という趣です。

■備考

主催
成城大学共通教育研究センター
TEL 03-3482-9556
E-Mail:kyotsu[at]seijo.ac.jp
*メール送信時には[at]を@に置き換えてください

 

一覧に戻る

イベント投稿

あなたの所属機関で開催される高等教育関連イベントの情報を募集しています。

投稿

メールマガジン
登録・解除

定期的に大学コンソーシアム京都より、新着イベント情報をメール配信しています。

登録・解除

  • サイトに関するお問い合わせ
  • 大学コンソーシアム京都
  • 大学コンソーシアム京都のFD・SD
  • まんがFDハンドブック無料配布受付中

topへ