• ホーム
  • イベント情報
  • 【花園大学】国際禅学研究所 特別講演会:仏教の「止観」と“マインドフルネス”~その特徴と問題点~

イベント情報

【花園大学】国際禅学研究所 特別講演会:仏教の「止観」と“マインドフルネス”~その特徴と問題点~

京都府

■開催日時

2017.10.14(土)

■会場

花園大学教堂(京都市中京区西ノ京壺ノ内町8-1)

■参加対象

どなたでも(要事前申込)

■主催

花園大学国際禅学研究所

■イベント概要

仏教における心の観察は止観と呼ばれる。止は心の働きを静める、観はあらゆる心の働きを見つめる観察を指す。一方、現在、市民権を得つつあるものがマインドフルネスである。こちらは臨床心理学の世界で注目されて久しいが、起源は仏教の伝えた観察にあったとされる。しかし、両者の特徴やその問題点は、ほとんど論じられることはない。今回は、仏教の伝えた心の観察法を具体的に整理するとともに、マインドフルネスがどのようなものであるのかを明らかにし、その問題点も考えたい。

■ 日時
2017年10月14日(土)
14時~15時30分(13時00分 受付開始)

■ 会場
花園大学教堂
京都市中京区西ノ京壺ノ内町8-1

■ 講師
蓑輪 顕量 氏

1960年千葉県生まれ。東京大学大学院人文社会系研究科教授。専門は日本仏教、仏教思想史。著書に『中世初期南都戒律復興の研究』(法蔵館)、『仏教瞑想論』(春秋社)、『日本仏教史』(春秋社)など。監修に『実践! 仏教瞑想ガイドブック』(サンガ)、『マインドフルネス 仏教瞑想と近代科学が生み出す、心の科学の現在形』(同)など。

■ 定員
120名

■ 会費
無料

■ 申込先
花園大学国際禅学研究所
電話:075(823)0585
Fax:075(279)3641
メール:kokuze[at]hanazono.ac.jp

参考URL
http://iriz.hanazono.ac.jp/mindfulness/index.html

■備考

一覧に戻る

イベント投稿

あなたの所属機関で開催される高等教育関連イベントの情報を募集しています。

投稿

メールマガジン
登録・解除

定期的に大学コンソーシアム京都より、新着イベント情報をメール配信しています。

登録・解除

  • サイトに関するお問い合わせ
  • 大学コンソーシアム京都
  • 大学コンソーシアム京都のFD・SD
  • まんがFDハンドブック無料配布受付中

topへ