• ホーム
  • イベント情報
  • 【龍谷大学】2019年度龍谷大学里山学研究センターシンポジウム「琵琶湖を中心とする自然共生型社会の実現~里山学からの発信~」

イベント情報

【龍谷大学】2019年度龍谷大学里山学研究センターシンポジウム「琵琶湖を中心とする自然共生型社会の実現~里山学からの発信~」

滋賀県

■開催日時

2019.12.21(土)

■会場

ピアザ淡海 2階 ピアザホール(滋賀県大津市におの浜1-1-20)

■参加対象

大学教職員、研究者、行政、学生、一般

■主催

龍谷大学里山学研究センター

■イベント概要

龍谷大学
2019年度龍谷大学里山学研究センターシンポジウム
「琵琶湖を中心とする自然共生型社会の実現~里山学からの発信~」

「関西の水がめ」と呼ばれる琵琶湖は、水質問題をはじめ、生物多様性の喪失、外来動植物の繁殖など、さまざまな問題を抱えるようになりました。平成27年9月に施行された「琵琶湖の保全及び再生に関する法律」は、そのように失われた私たちの生活と琵琶湖の関係を取り戻し、新たな自然共生型社会の実現への一歩を踏み出す施策として打ち出されたものです。
今回のシンポジウムでは、琵琶湖を中心とする自然共生型社会の実現に向けたさまざまな課題を整理し、今後の進むべき方向を考えていきたいと思います。緑と水と生きものたちの豊かな持続可能社会への指針を見つけるために議論を行う予定です。

1.開催日時
2019年12月21日(土) 13:00~17:00(開場/12:30)
※入場無料、事前申し込み不要 (一般来聴歓迎)

2.開催場所
ピアザ淡海 ピアザホール(滋賀県大津市におの浜1-1-20)

3.プログラム:
第0部
<ポスターセッション(1部)>
「里山にかかわる多様な研究・取組みのポスター展示」
第1部
<主催者挨拶> 牛尾洋也(龍谷大学里山学研究センター・センター長)
<龍谷大学学長挨拶> 入澤崇(学校法人龍谷大学・専務理事)
<講演>・「びわ湖なう2019~びわ湖のこれまで、そしてこれから~」
      三和伸彦氏(滋賀県庁琵琶湖環境部・技監)
    ・「東近江市100年の森づくりビジョンとその実現に向けて」
      水田有夏志氏(東近江市市民環境部・審議員)
第2部<ポスターセッション(2部)>
「里山にかかわる多様な研究・取組みのポスター展示」
第3部
<研究報告>
①丸山徳次氏(龍谷大学名誉教授/研究フェロー)
②村澤真保呂氏(社会学部・教授)
③伊達浩憲氏(経済学部・教授)
④宮浦富保氏(理工学部・教授)
⑤中川晃成氏(理工学部・講師)
⑥林珠乃氏(理工学部・実験助手)
⑦斎藤菜乃子氏(法学部4回生/みらいの環境を考える龍谷プロジェクト)
⑧牛尾洋也氏(法学部・教授)

<閉会挨拶> 村澤真保呂(龍谷大学里山学研究センター・副センター長)

■備考

4.主催 : 龍谷大学里山学研究センター
5.後援 : 滋賀県、東近江市

一覧に戻る

イベント投稿

あなたの所属機関で開催される高等教育関連イベントの情報を募集しています。

投稿

メールマガジン
登録・解除

定期的に大学コンソーシアム京都より、新着イベント情報をメール配信しています。

登録・解除

  • サイトに関するお問い合わせ
  • 大学コンソーシアム京都
  • 大学コンソーシアム京都のFD・SD
  • まんがFDハンドブック無料配布受付中

topへ