• ホーム
  • イベント情報
  • 【南山大学】人間関係研究センター第2回公開講演会「教育法としての修業 」

イベント情報

【南山大学】人間関係研究センター第2回公開講演会「教育法としての修業 」

愛知県

■開催日時

2018.09.18(火)

■会場

南山大学 D棟地下1階 DB1教室

■参加対象

どなたでも(要事前申込)

■主催

南山大学人間関係研究センター

■イベント概要

当センターは、広く一般の皆さんへ人間関係に関する情報の発信基地となればと願い、毎年2回公開講演会を企画、運営しています。毎回、人間関係研究に関連のある様々な分野の講師にお越しいただき、お話しいただいています。
参加は無料です。お気軽にご参加ください。
※駐車場の設備はございません。お車でのご来場はご遠慮ください。
※会場、配布資料の準備等の都合上、参加ご希望の方は、必ず事前にWebページからお申し込みいただくか、ファックスにてお名前、ご連絡先をお知らせください。

《第2回公開講演会のご案内》
「教育法としての修業」
講 師:内田 樹氏(神戸女学院大学名誉教授)
日 程:2018年9月18日(火)18:00~20:00※受付開始 17:30~  
会 場:南山大学 D棟地下1階 DB1教室 ※会場は変更となる場合があります
定 員:300名
参加費:無料 
▽お申込みはこちらから! 
https://regist.nanzan-u.ac.jp/regform/regist/ninkan/20180918

●概要
武道を長く修業しており、道場を開いて門人たちにも教授している。能楽も20年ほど稽古している。
広く伝統的な身体技法の習得にかかわっていると言ってよいと思う。伝統的な身体技法の教育プログラムは学校教育のそれとはまったく別ものである。到達目標は漠然とは開示されているが、それを一意的に語ることは許されない。
修業者たちの強弱巧拙などについての比較や査定は行わない。修業によって得られる利得を数値的に表示することはできない。 ないない尽くしだけれど、このような教育法でしか習得できない技能が存在することは確かである。教育法としての修業の有効性と限界について考えてみたい。

●講師プロフィール
内田 樹氏(神戸女学院大学名誉教授)
1950年東京都生まれ。東京大学文学部仏文科卒業。東京都立大学大学院人文科学研究科博士課程中退。 神戸女学院大学文学部助教授・教授を経て2011年に退職。現在、神戸女学院大学名誉教授。 京都精華大学客員教授。昭和大学理事。神戸市内で武道と哲学のための学塾「凱風館」を主宰。合気道凱風館館長、 神戸女学院大学合気道部師範、合気道七段。
主著に『ためらいの倫理学』、『レヴィナスと愛の現象学』、『先生はえらい』など。『私家版・ユダヤ文化論』で 第六回小林秀雄賞、『日本辺境論』で2010年新書大賞。執筆活動全般について第三回伊丹十三賞を受賞。 近著に『街場の天皇論』、『変調「日本の古典」講義』(安田登との共著)、『ローカリズム宣言』


■備考

お問い合わせ:
南山大学人間関係研究センター事務局
email: ninkan-c[at]nanzan-u.ac.jp
Tel: 052-832-5002 Fax: 052-832-3202

一覧に戻る

イベント投稿

あなたの所属機関で開催される高等教育関連イベントの情報を募集しています。

投稿

メールマガジン
登録・解除

定期的に大学コンソーシアム京都より、新着イベント情報をメール配信しています。

登録・解除

  • サイトに関するお問い合わせ
  • 大学コンソーシアム京都
  • 大学コンソーシアム京都のFD・SD
  • まんがFDハンドブック無料配布受付中

topへ