• ホーム
  • イベント情報
  • 【龍谷大学】2017年度第1回REC BIZ-NET研究会「ロボットと人の共生による未来社会の創成~工学、認知科学、学習科学の融合による人間相互の理解に役立つロボットの実現~」

イベント情報

【龍谷大学】2017年度第1回REC BIZ-NET研究会「ロボットと人の共生による未来社会の創成~工学、認知科学、学習科学の融合による人間相互の理解に役立つロボットの実現~」

大阪府

■開催日時

2017.05.24(水)

■会場

龍谷大学 大阪梅田キャンパス(大阪市北区梅田2-2-2 ヒルトンプラザウエストオフィスタワー14階)

■参加対象

大学教員・企業関係者

■主催

龍谷大学 龍谷エクステンションセンター(REC)

■イベント概要

 製造業では、産業用ロボットと言われる無機質な機械が数十年前から導入され、モノづくりの効率化を通じて、我々の社会生活の利便性に貢献してきました。
 最近では、会話をする掃除ロボットや冷蔵庫が家庭に導入されたり、人工知能技術を使った人間と会話できるロボットが店舗・病院・空港などに導入されはじめました。さらに、少子高齢化の加速、認知症などの介護が課題となる今後の社会では、人の心身両面をサポートするロボットの本格的な導入が非常に期待され、各種のサービスのみならず、人間の心にも作用しはじめています。
 ロボットと人が信頼関係を作り互いに学びあえるような共生状態を作ることにより、新しい未来社会を創成することができます。例えば、「よい聞き手」としてのロボットを介することにより人が自分自身の理解を深めたり、他人とのやり取りを活用して新しい知識を獲得するなど、人間相互の理解が格段に進むなどの効果も期待できます。
 このような未来社会の実現に向け、ロボットに関わる工学に加え、認知科学、学習科学を融合させた新しい学術領域の研究が進んでいます。本研究会では、龍谷大学理工学部の野村教授、ATR(※)の佐竹研究員にこの新しい領域の研究をご紹介いただきます。
※ATR:株式会社 国際電気通信基礎技術研究所

【日時】2017年5月24日(水)14:00~17:00(受付開始 13:30)

【場所】龍谷大学 大阪梅田キャンパス(JR「大阪」駅 桜橋口出口より徒歩4分)

【プログラム】
■開会の挨拶(14:00~14:10)
■講演1
「人工知能やロボットが人間に与える心理的影響」(14:10~15:10)
 野村竜也・龍谷大学理工学部情報メディア学科教授(ATR 知能ロボティクス研究所 非常勤客員研究員)
<休 憩 15:10~15:20>
■講演2
「商業施設におけるサービスロボットの開発とその利用」(15:20~16:20)
 佐竹 聡氏(ATR知能ロボティクス研究所 ヒューマンロボットインタラクション研究室 研究員)
■名刺交換会 ( 16:30~17:00 予定)

■備考

【申込方法】
以下URLにて、お申し込みください(5/17(水)まで)
https://event.rec.seta.ryukoku.ac.jp/biz-net-201701/

一覧に戻る

イベント投稿

あなたの所属機関で開催される高等教育関連イベントの情報を募集しています。

投稿

メールマガジン
登録・解除

定期的に大学コンソーシアム京都より、新着イベント情報をメール配信しています。

登録・解除

  • サイトに関するお問い合わせ
  • 大学コンソーシアム京都
  • 大学コンソーシアム京都のFD・SD
  • まんがFDハンドブック無料配布受付中

topへ