• ホーム
  • イベント情報
  • 【京都大学】学術情報メディアセンターセミナー「バイオ・ナノ分野でのオープンデータサイエンス」

イベント情報

【京都大学】学術情報メディアセンターセミナー「バイオ・ナノ分野でのオープンデータサイエンス」

京都府

■開催日時

2018.07.20(金)

■会場

京都大学吉田キャンパス学術情報メディアセンター北館4階 404大会議室

■参加対象

教職員、学生、一般の方

■主催

京都大学学術情報メディアセンター

■イベント概要

 学術情報メディアセンターでは、各分野でご活躍の講師を招き、それぞれの研究開発活動の内容や現在抱えている課題について紹介いただき、参加者を含めて広く議論を行う機会として、月例セミナーを開催しています。
 今回の学術情報メディアセンターセミナーでは、五斗進 情報・システム研究機構データサイエンス共同利用基盤施設教授および谷藤幹子 物質・材料研究機構 材料データプラットフォームセンター長に講演していただきます。
 学内外を問わず多数の方のご参加をお待ちしています。

◇開催日
 2018年07月20日 金曜日
◇時間
 16時30分~18時00分
◇開催地
 学術情報メディアセンター北館4階 404大会議室
◇対象
 教職員、学生、一般の方
◇詳細等
 研究成果を多くの人物が利用できるよう公開し、新たな知見を生み出そうとするオープンサイエンス活動は、我が国においても広がりを見せつつあります。特に長年の研究成果をデータとして蓄積してきた学問分野では、単なるデータベースの構築にとどまらず、データベース間の連携・統合、利活用のためのサービス設計、アウトリーチ活動による利活用機会の向上などの取り組みが精力的に進められています。そこで今回のセミナーでは、バイオサイエンス、ナノサイエンスの2分野におけるオープンデータサイエンスの進展について講演していただきます。
●16時30分~17時15分
講演者
 五斗進(情報・システム研究機構 データサイエンス共同利用基盤施設 ライフサイエンス統合データベースセンター 教授)
講演題目
 ライフサイエンス分野におけるオープンサイエンスの推進
講演概要
 ライフサイエンス分野ではゲノムプロジェクトなどで産生される大規模データを共有する文化があり、公開されているデータベースも数多くあります。一方で多様であるためにデータベースを共有して統合的に扱うことが困難になっているという問題がありました。ライフサイエンス統合データベースセンターでは、このような状況下でデータを有効に共有し活用するための技術開発や標準化に取り組んできました。その一つの方法として採用してきたセマンティック・ウェブ技術の応用について紹介します。
●17時15分~18時00分
講演者
 谷藤幹子(物質・材料研究機構 材料データプラットフォームセンター長)
講演題目
 オープンサイエンスとデータ駆動型材料研究
講演概要
 材料科学では、近年のデータ駆動型材料研究という新しい研究手法により、インフォマティクスという情報科学の材料科学を融合したデータ解析と予測、機械学習を取り入れたデータマイニングなどが進展しています。オープンサイエンス時代の到来で、データ利活用が進みやすくなり、様々に展開しつつある研究環境を「材料データプラットフォーム」という観点から紹介します。

■備考

◇申し込み
 不要
◇問い合わせ
 学術情報メディアセンター 青木学聡
 Tel: 075-753-7408
 E-mail: aoki.takaaki.6v*kyoto-u.ac.jp (*を@に変えてください)
◇関連リンク
 http://www.media.kyoto-u.ac.jp/
◇その他
 お身体の不自由な方はエレベーターをご利用いただけますので、事務室にお申し付けください。

 

一覧に戻る

イベント投稿

あなたの所属機関で開催される高等教育関連イベントの情報を募集しています。

投稿

メールマガジン
登録・解除

定期的に大学コンソーシアム京都より、新着イベント情報をメール配信しています。

登録・解除

  • サイトに関するお問い合わせ
  • 大学コンソーシアム京都
  • 大学コンソーシアム京都のFD・SD
  • まんがFDハンドブック無料配布受付中

topへ