• ホーム
  • イベント情報
  • 【成城大学】科学リテラシーはどこまで必要か(連続公開講演「いま、教養教育を問う」(最終回))

イベント情報

【成城大学】科学リテラシーはどこまで必要か(連続公開講演「いま、教養教育を問う」(最終回))

東京都

■開催日時

2017.10.07(土)

■会場

成城大学 3号館311教室

■参加対象

大学教員、大学職員、大学院生、一般

■主催

成城大学共通教育研究センター

■イベント概要

成城大学共通教育研究センターでは、下記のとおり、開設10周年記念・連続公開講演「いま、教養教育を問う」を開催いたします。第5回は、標葉靖子(しねは せいこ) 氏(東京大学)をお招きいたします。

講 演:標葉靖子(東京大学 教養学部附属教養教育高度化機構 特任講師)
討論者:山本 敦久(成城大学准教授)
司 会:東谷 護(成城大学教授)
※参加費無料(事前申し込みの必要はありません。)

★講演シリーズ開催のねらい
 近年、教育の質保証のあり方として、アクティブ・ラーニング、反転授業といった方法が脚光をあびていますが、ややもすれば授業の進め方という形式的、表面的な改善に流れてしまうきらいがあるのではないでしょうか。こうした問題を念頭に「いま、教養教育を問う」を統一テーマとして、教養教育に関わってきた気鋭の研究者に、自身の教育実践と教養教育への考えを講演していただくことで、近年の教養教育のあり方を問う様々な議論に一石を投じる講演シリーズを企画しました。

 第5回目では、科学教育をテーマに研究を進めている標葉靖子氏をお迎えします。標葉氏は、植物分子生物学で学位を取得後、メーカーで、科学技術をとりまく多様な「専門家」とともに新事業開発を推進してきました。そのなかで、各々の専門知と専門外の人々との「壁」を感じます。この経験が科学教育のあり方を思考する契機となり、現在の教育、研究に向き合うことになります。標葉氏には、専門外の人たちにとっての科学リテラシーとは何なのかについてお話しいただきます。本講演は、「教養教育のいま」を問う講演シリーズの最後にふさわしい、今日的な幅広い教養とは何かを考える絶好の機会となることでしょう。

■備考

主催
成城大学共通教育研究センター
TEL 03-3482-9556

一覧に戻る

イベント投稿

あなたの所属機関で開催される高等教育関連イベントの情報を募集しています。

投稿

メールマガジン
登録・解除

定期的に大学コンソーシアム京都より、新着イベント情報をメール配信しています。

登録・解除

  • サイトに関するお問い合わせ
  • 大学コンソーシアム京都
  • 大学コンソーシアム京都のFD・SD
  • まんがFDハンドブック無料配布受付中

topへ