• ホーム
  • イベント情報
  • 【立命館孔子学院】2017年度北京大学×立命館大学連携講座「現代中国の若者意識を多面的に捉える 」①

イベント情報

【立命館孔子学院】2017年度北京大学×立命館大学連携講座「現代中国の若者意識を多面的に捉える 」①

京都府

■開催日時

2017.05.11(木)

■会場

立命館大学衣笠キャンパス 平井嘉一郎記念図書館カンファレンスルーム

■参加対象

一般

■主催

立命館孔子学院

■イベント概要

立命館孔子学院では、毎年、北京大学と協力し、連携講座を開催しています。
北京大学と立命館大学の経験豊かな講師陣が、中国文化・社会・経済などについて幅広く分かりやすくお話します。
今年は「現代中国の若者意識を多面的に捉える」というメインテーマのもと、4名の講師が現代中国の若者についてひも解きます。
(北京大学講師による講演は、中国語・逐次通訳となります。)
初回となる5月11日(木)は、「東アジアのサブカルチャーと若者の心―マンガ・アニメ。ライトノベル・コスプレ、そして村上春樹―」というテーマのもと、早稲田大学文学学術院・千野拓政教授に講義を行っていただきます。
<講義概要>
近年、文学の周縁化や若者の文学離れが叫ばれる一方で、ライトノベル、マンガ・アニメ、ゲーム、コスプレや二次創作を含む同人活動などのサブカルチャーが若者に人気を博している。だが、けっして若者が作品を読まなくなったわけではない。かれらが好む作品が以前のような文学作品から変わってきているのだ。それは、かれらのテクストの読み方が変化していること、それとともに作品と読者の関係が変化していることを意味している。そして、その背景には若者の心の変化がある。しかも、それは日本だけでなく、東アジアの各都市を通じて見られる現象なのだ、そうした現象は私たちに何を物語っているのだろうか。東アジア諸都市の若者の今を探る。

日時:2017年5月11日(木)16:30~18:00
会場:立命館大学衣笠キャンパス 平井嘉一郎記念図書館カンファレンスルーム
講師:千野 拓政 氏(早稲田大学文学学術院教授)
定員:75名(先着順・事前申込制)
参加費:無料
お申し込み方法:ホームページ「文化イベント講座受講申込フォーム」からお申込みください。
※お申込み後のキャンセルは、受付メール内にあるキャンセル専用URLからキャンセルをしてください。(お電話でのキャンセルはお受けできません。)


主催・お問い合わせ先:
立命館孔子学院
TEL:075-465-8426
E-MAIL:koza[at]st.ritsumei.ac.jp
HP:http://www. ritsumei.ac.jp/confucius/

■備考

立命館孔子学院では、中国語講座、各種中国文化講座や、各界からの著名人を講師に迎えて開催する特別講演会、楽しい催し物など、関西を中心に様々な講座、催しを実施しています。

一覧に戻る

イベント投稿

あなたの所属機関で開催される高等教育関連イベントの情報を募集しています。

投稿

メールマガジン
登録・解除

定期的に大学コンソーシアム京都より、新着イベント情報をメール配信しています。

登録・解除

  • サイトに関するお問い合わせ
  • 大学コンソーシアム京都
  • 大学コンソーシアム京都のFD・SD
  • まんがFDハンドブック無料配布受付中

topへ