• ホーム
  • イベント情報
  • 【同志社大学】グローバル・スタディーズ研究科セミナー:欧州難民危機の虚像と現実 La crise migratoire en Europe: entre fantasme et réalité

イベント情報

【同志社大学】グローバル・スタディーズ研究科セミナー:欧州難民危機の虚像と現実 La crise migratoire en Europe: entre fantasme et réalité

京都府

■開催日時

2017.07.09(日)

■会場

同志社大学今出川校地(烏丸キャンパス) 志高館SK110教室

■参加対象

同志社大学在学生・卒業生、受験生、一般の方

■主催

同志社大学大学院グローバル・スタディーズ研究科

■イベント概要

同志社大学大学院グローバル・スタディーズ研究科では、公開講演会「欧州難民危機の虚像と現実 La crise migratoire en Europe: entre fantasme et réalité 」を開催いたします。

 2015年の難民危機以来、ヨーロッパの国境政策の是非が問われている。人道主義の見地からシリア難民をもっと積極的に受け入れるべきか。あるいは「現実主義」の観点から、国境警備を強化し、大量流入に備えるべきか?
 一般に「現実主義」を主張する人々に広く共有されている通説がある。貧困こそ、人口移動の最大の要因であり、国境管理を緩和すれば、貧しい国々の人々を津波のように押し寄せてくるというビジョンだ。だが果たして、それは本当か?もしそれが根拠のない不安だとすれば、人道主義と現実を両立させる、もう一つの国境政策の可能性が拓けるのではないか?
 本企画では、長年ヨーロッパで移民・難民支援の現場で活躍してきたクレール・ロディエ氏を講師に招き、政治やメディアが作り出す「欧州難民危機」の虚像と現実について話していただきます。

■開催日
 2017年07月09日(日)14:00~16:30
■開催場所
 同志社大学今出川校地(烏丸キャンパス)志高館SK110教室
■講師
 クレール・ロディエ(Claire Rodier)
 フランスの移民支援団体GISTI (Groupe d'information et de soutien aux immigrés)で活躍する法律家。
 Migreurope共同代表。
■費用
 無料
■対象者
 同志社大学在学生・卒業生、受験生、一般の方
■参加申込
 申込不要

■備考

■お問い合わせ先
 同志社大学グローバル・スタディーズ研究科事務室
 TEL:075-251-3930
 FAX:075-251-3091
 E-mail:ji-gs[at]mail.doshisha.ac.jp

一覧に戻る

イベント投稿

あなたの所属機関で開催される高等教育関連イベントの情報を募集しています。

投稿

メールマガジン
登録・解除

定期的に大学コンソーシアム京都より、新着イベント情報をメール配信しています。

登録・解除

  • サイトに関するお問い合わせ
  • 大学コンソーシアム京都
  • 大学コンソーシアム京都のFD・SD
  • まんがFDハンドブック無料配布受付中

topへ