• ホーム
  • イベント情報
  • 【龍谷大学】龍谷大学地域公共人材・政策開発リサーチセンター(LORC) 15周年記念シンポジウム/龍谷大学380周年プレ企画 「SDGsの達成プロセスをどう考えるか」

イベント情報

【龍谷大学】龍谷大学地域公共人材・政策開発リサーチセンター(LORC) 15周年記念シンポジウム/龍谷大学380周年プレ企画 「SDGsの達成プロセスをどう考えるか」

京都府

■開催日時

2018.09.29(土)

■会場

龍谷大学 深草キャンパス 22号館3階303教室(京都市伏見区深草塚本町67)

■参加対象

どなたでも(要事前申込)

■主催

龍谷大学地域公共人材・政策開発リサーチセンター(LORC)

■イベント概要

「SDGsの達成プロセスをどう考えるか」
龍谷大学地域公共人材・政策開発リサーチセンター(LORC) 15周年記念シンポジウム/龍谷大学380周年プレ企画

最近、SDGs(Sustainable Development Goals;持続可能な開発目標)を様々な場面で目にするようになりました。SDGsとは、2015年9月に国連サミットで採択されたもので、持続可能な社会の実現に向けて国連加盟の193か国が2016~2030年の15年間で達成するための17の目標が掲げられています。その目標をどのようにして達成するのか、については企業・自治体・市民など多くの方々にとって興味・関心のあるテーマとなっています。

そこでこの度、サセックス大学(イギリス)教授Andrew Stirling(アンドリュー・スターリング)氏をお招きして、「SDGsの達成プロセスをどう考えるか」をテーマにシンポジウムを開催します。

※本シンポジウムは、龍谷大学地域公共人材・政策開発リサーチセンター(LORC)15周年記念シンポジウム、龍谷大学380周年プレ企画として開催します。

【日時】2018年9月29日(土)13時30分開始、16時終了

【会場】龍谷大学深草キャンパス22号館3階303教室(京都市伏見区深草塚本町67)
 https://www.ryukoku.ac.jp/about/campus_traffic/fukakusa.html

【主催】龍谷大学地域公共人材・政策開発リサーチセンター(LORC)

【共催】アミタホールディングス株式会社、公益財団法人信頼資本財団

【定員】100人

【タイムスケジュール】

 13:30〜13:40(主催者挨拶) 白石 克孝(龍谷大学 LORCセンター長/政策学部教授)

 13:40~15:00(記念講演) アンドリュー・スターリング(Andrew Stirling,サセックス大学教授)
 “Navigating Pathways to Sustainability: expertise and democracy in transformative change”「持続可能社会への細道をどう前進するか:大転換における専門的知見と民主主義」

 15:00〜16:00(質疑討論)
  熊野 英介(アミタホールディングス株式会社代表取締役会長兼社長/公益財団法人信頼資本財団理事長)
  堀尾 正靱(東京農工大学 名誉教授/龍谷大学政策学部 前教授)
  的場 信敬(龍谷大学LORC 副センター長/政策学部教授)

 ※英語には逐次通訳がございます。

■備考

【お申込み先】
 ご参加をご希望の方は事前に電子メールでお申し込みください。

 龍谷大学地域公共人材・政策開発リサーチセンター(LORC)
 TEL:075-645-2312/E-mail:lorc(at)ad.ryukoku.ac.jp

 

一覧に戻る

イベント投稿

あなたの所属機関で開催される高等教育関連イベントの情報を募集しています。

投稿

メールマガジン
登録・解除

定期的に大学コンソーシアム京都より、新着イベント情報をメール配信しています。

登録・解除

  • サイトに関するお問い合わせ
  • 大学コンソーシアム京都
  • 大学コンソーシアム京都のFD・SD
  • まんがFDハンドブック無料配布受付中

topへ