教まちや News

大学コンソーシアム京都:SD事業「SDゼミナール」修了生の声①

■SDゼミナールとは

こんにちは。教まちや事務局です。
今回の教まちやNewsでは、大学コンソーシアム京都がSD事業のひとつとして行っている「SDゼミナール」についてご紹介します。

SDとは、「Staff Development」の略称で、大学職員の職能開発を意味し、主として大学職員を対象とした研修を実施しています。現代において、大学職員の職能開発や育成は最早不可欠なものとなっており、2017年4月1日より、法令改正に伴い、SDが義務化されます。これにより、各大学ではSDの実施が今以上に求められることとなります。

大学コンソーシアム京都では、2015年に、次世代のプロフェッショナルな大学職員の育成を目的として「SDゼミナール」を開講しました。6月から毎週土曜日の連続開講形態で、各講師をお招きして大学制度の歴史、組織、高大連携などをテーマとする講義、さらには坐禅研修も実施しています。9月には公開プレゼンテーションを行い、10月には修了レポートを提出していただく、実に数ヶ月間に渡る研修となっています。

http://www.consortium.or.jp/project/sd/administrator

2017年で3年目を迎えますが、過去2年間の実施で50名の修了生を輩出しています。今回は、SDゼミナール修了生の1人である秋田隼一氏(大谷大学 学生支援部教務課/2016年度修了生)にインタビューを行いました。秋田氏は、インタビューを通じて、SDゼミナールを受講したことにより「学ぶことへの抵抗が小さくなった」と話しました。以下、その内容です。

■SDゼミナールの受講を通じて

事務局:SDゼミナールを受講しようと思ったきっかけは何ですか。

秋田氏:大学から声を掛けていただいたのがきっかけですが、折角の機会だと思い受講しました。今後の大学職員人生をどう歩んでいくのか、あらためて考えるよい機会となり、受講を終えた今、受講してよかったと心から思っています。

事務局:SDゼミナールの講義で印象に残っている講義はありますか。

秋田氏:各講義とも異なるテーマ、またテーマが多岐に渡っていたため、自分の業務以外の分野も幅広く学べた点がとても良かったです。中でも、山﨑そのさん(京都外国語大学)や村山孝道さん(京都文教大学)のお二人は、自分と同じ現役大学職員でありながら講師を務めておられ、学び続ける大学職員のモデルケースとして、大きな刺激を受けました。

事務局:SDゼミナールの受講と仕事や家庭とのバランスはどうでしたか。

秋田氏:毎週土曜日に開講することを知った上で受講しましたが、事前課題もあり、慣れるまでは少し苦労しました。「仕事・家庭・学び」の3つのバランスをとることの難しさはありましたが、学ぶことの楽しさを体感できました。SDゼミナールの受講を終えてからも、科目等履修生制度を利用して学びに行くなど、継続して学習することを心掛けています。SDゼミナールの受講をとおして、自分の中で、働きながら学ぶことへの抵抗は小さくなりました。


事務局:学ぶことへの抵抗が小さくなったというのはどういう意味ですか。

秋田氏:毎週土曜日の講義受講、事前課題への取り組み、並行して公開プレゼンテーションの準備、修了レポートの作成と、これまで自分が受けてきた研修やセミナーに比べて、重い負荷がかかりましたが、やり遂げられたことにより、「仕事・家庭・学び」のバランスをとることに自信を得られました。
また、修了レポートを書き終えたことが、学びへの自信に繋がりました。普段の仕事の中で報告書や会議資料の作成は、簡潔に書くことが求められるため、1ページ1200字で6ページ以上10ページ以内の修了レポートを仕上げることは大変でしたが、普段使わない脳内筋肉をトレーニングできたと思います。これらの経験をとおして、学びへの意識は確実に変わりました。

事務局:SDゼミナールは他大学の職員と一緒に受講しますが、その方々との関係はどうでしたか。

秋田氏:講義終了後、毎回懇親会を行ったこともあり、研修内・外で良好な関係を築けたと思います。SDゼミナールに関することだけでなく、仕事に関わる情報共有や意見交換もでき、交流から得るものも多かったです。自分の大学では当然だったことが、他大学では別の方法で行われているなど、新たな発見もありました。大学職員は部署や業務内容によって外との交流が少ないですが、SDゼミナールのおかげで大学職員の繋がりは広がりました。


事務局:ありがとうございます。最後にSDゼミナールの受講を考えている大学職員に対してメッセージをお願いします。

秋田氏:私は働く中で、「自ら機会を創り出し、機会によって自らを変えよ」という言葉を大切にしています。SDゼミナールは、まさに大学職員として成長できる機会です。自分を成長させたいと思っている方は是非、SDゼミナールを受講してください。

2017年度のSDゼミナールは3月上旬に募集開始を予定しております。興味、関心のある方は、是非、ご検討ください。
秋田隼一さん、ありがとうございました!


 

一覧に戻る

イベント投稿

あなたの所属機関で開催される高等教育関連イベントの情報を募集しています。

投稿

メールマガジン
登録・解除

定期的に大学コンソーシアム京都より、新着イベント情報をメール配信しています。

登録・解除

  • サイトに関するお問い合わせ
  • 大学コンソーシアム京都
  • 大学コンソーシアム京都のFD・SD
  • まんがFDハンドブック無料配布受付中

topへ