トップページ イベント情報 【龍谷大学】大学院アジア・アフリカ総合研究プログラム 2021年度 研究フォーラム 「難民はなぜ、どこへ移動するのか ――フィールドワークの可能性と限界」

【龍谷大学】大学院アジア・アフリカ総合研究プログラム 2021年度 研究フォーラム 「難民はなぜ、どこへ移動するのか ――フィールドワークの可能性と限界」

2022 / 1 / 17 / 月
京都
  • 教育
  • 社会貢献
  • 研究
  • イベント概要

    龍谷大学 大学院アジア・アフリカ総合研究プログラム 2021年度 研究フォーラム「難民はなぜ、どこへ移動するのか ――フィールドワークの可能性と限界」

    龍谷大学 大学院アジア・アフリカ総合研究プログラム(The Graduate Program of Asia and Africa Studies: GPAAS)主催の2021年度研究フォーラムを開催します。
    今回の研究フォーラムは、「移民/難民の政治学」をテーマに中東をはじめ各地でフィールドワーク(現地調査)をされている慶應義塾大学 法学部 准教授の錦田愛子氏をお招きし、「難民はなぜ、どこへ移動するのか――フィールドワークの可能性と限界」と題してご講演をいただきます。
    学生・教職員のみならず、広く一般の皆様のご参加をお待ちしております。

    【開催日時】 2022年1月17日(月)15:15~16:45
    【会  場】 龍谷大学 深草キャンパス 和顔館 地下2階 B202教室
    【講  演  者 】 錦田 愛子 氏(慶應義塾大学 法学部 准教授)
    【お申込み】 https://forms.gle/C6s5BFo87enA7Xfy7
    <注意>
    ・ソーシャルディスタンスを確保して、教室にて開催いたします。
    ・定員は60名、先着順での申込受付となります。
    ・申込期限:2022年1月11日(火)

  • 開催日
    2022 / 1 / 17 / 月
  • イベントWebサイト
  • 会場
    龍谷大学 深草キャンパス 和顔館 地下2階 B202教室
  • 参加対象
    どなたでもご参加いただけます
  • 主催
    龍谷大学 大学院アジア・アフリカ総合研究プログラム
  • 添付資料
pagetopTOP