トップページ イベント情報 【京都産業大学】第21回企画展「新嘗祭と歳旦祭-酒と神事の関わりを読み解くー」

【京都産業大学】第21回企画展「新嘗祭と歳旦祭-酒と神事の関わりを読み解くー」

2020 / 12 / 17 / 木 〜 2021 / 2 / 6 / 土
京都
  • その他
  • イベント概要
    毎年、11月に行われる新嘗祭は、その年に収穫された穀物を神々に供える祭祀です。昨年、天皇即位後に初めて行う新嘗祭(大嘗祭)が斎行されました。
    今回の展示では新嘗祭(大嘗祭)で用いられる白酒・黒酒、また、元日の歳旦祭で奉納される屠蘇酒について紹介します。
    本企画展では、新嘗祭や歳旦祭で用いられる酒から、酒と神事の関わりについて読み解きます。

    期 間:2020年12月17日(木)~2021年2月6日(土)
    休館日:日曜・祝日・年末年始(12月25日~1月8日)
        ※ただし、12月20日(日)、1月10日(日)、24日(日)は開館
    時 間:月曜日:13:00~16:30
        火~土曜日:10:00~16:30(いずれも入館受付は16:00終了)
    場 所:京都産業大学むすびわざ館2階 ギャラリー
        京都市下京区中堂寺命婦町1-10
        むすびわざ館へのアクセス
    入場料:無料

    関連イベント 講演会「二十四節気と七十二候 日本の酒・世界の酒を知る」
    講師:増田德兵衞氏(株式会社増田德兵衞商店第14代目社長)

    ※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、オンラインにて配信します。閲覧方法は後日web上でお知らせいたします。
  • 開催日
    2020 / 12 / 17 / 木 〜 2021 / 2 / 6 / 土
  • イベントWebサイト
  • 会場
    京都産業大学むすびわざ館2階 ギャラリー
  • 参加対象
    どなたでもご参加いただけます。
  • 主催
    京都産業大学ギャラリー
  • 添付資料
pagetopTOP